個人でクレジットカード現金化をしたい場合はどうするか

直ぐに現金が必要だけど給料日まで時間がある!どうしよう。

多々あることです。

消費者金融も便利ですが、利子が高いですね。

そんな際にはクレジットカードを利用して現金を手にする方法があります。

つまりクレジットカード現金化です。

ならば個人でクレジットカード現金化をしたい場合には、どうしたらよいのでしょうか。

個人で行うクレジットカード現金化とは

個人でクレジットカード現金化する、すなわちセルフ現金化です。

いくつかの方法があります。

例えば商品券などを入手して金券ショップに持ち込む方法です。

また商品を購入し中古ショップで買い取ってもらうケースです。

さらにネットオークションを利用するパターンもあります。

なお昨今では電子マネーを経由した現金化も可能です。

自分のニーズや可能性に応じて試してみましょう。

ちなみに古物商の資格を取るのも一法です。
何かと重宝しますよ。

メリットとデメリットは

クレジットカード現金化は単純な原理です。

とはいえ具体的なメリットは何でしょうか。

例えば直ぐ現金が手に入ります。

またクレジットカードを使うので、返済は分割払いが可能です。

特にボーナス一括払いという裏ワザもあります。

そう考えるとクレジットカードは魔法のカードですね。

しかしデメリットもあります。

つまり換金の仕方によってはマイナスになることもあります。

もちろん分割払いであれば利子がつきます。

現金化に際して手数料を取られるパターンもあります。

それでも現金を得られるメリットにはかないませんね。

違法性はないのか

そう主張されることがあります。

例えばクレジットカード会社の利用規約に反するようです。

場合によっては詐欺罪が適用されるケースもありそうです。

とはいえ個人が行う限りにおいて、どのようにも言い換えることは可能でしょう。

物を買って換金する!もしくは払い戻す!
それは今の社会において普通の行為だからです。

ただし常習と思われたら、クレジットカードが使えなくなるリスクもあります。

一方で換金の頻度が増えれば、盗品と疑われることもあります。

用心に越したことはないでしょう。

なお現状において個人的なクレジットカード現金化で有罪になるパターンは稀です。

訴えてもカード会社にとってメリットはないからです。

それより利用停止した方が現実的です。

個人が行う店舗でクレジットカード現金化する場合はリスクもあります。

必ずしも得をするわけではありません。

とはいえ即現金が手に入る!これは大きなメリットです。

もちろん成功するためには正しい情報を入手する!
リサーチが不可欠です。

安易に手を出さない方が賢明ではあります。